Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Java Interface > javasci v2でコンパイル/実行

javasci v2でコンパイル/実行

Javasci v2によりJavaアプリケーションをコンパイルする方法

Linux/Unix/MacOSX

Linux/Unix/MacOSXでは, Scilab は グローバル変数SCIを以下のように設定する必要があります:

  • バイナリ版のScilabでは, SCI は /path/to/scilab/share/scilab/を指します

  • Scilabのソースツリーでは, SCIはソースツリーのルート /path/to/scilab/source/tree/を指します

Javasci v2でJavaアプリケーションをコンパイルする際, 以下のライブラリへのパスをclasspathに追加する必要があります:

  • org.scilab.modules.javasci.jar (全てのJavasciアプリケーションで必要)
  • org.scilab.modules.types.jar (アプリケーションが Javasci型を使用する場合)

例に示すコード(コードはこのページに後述)をコンパイルするためには, 以下のようにコマンドラインに入力します:

javac -cp $SCI/modules/javasci/jar/org.scilab.modules.javasci.jar:$SCI/modules/types/jar/org.scilab.modules.types.jar:. BasicExample.java

Javaアプリケーションを起動するには, 以下のどちらかにより, libjavasci ネーティブライブラリへのパスを 指定する必要があります:

  • LD_LIBRARY_PATHで指定:

    • バイナリ版のScilabでは, LD_LIBRARY_PATH は /path/to/scilab/lib/scilab/ および /path/to/scilab/lib/thirdparty/を指します

    • Scilabのソースツリーでは, LD_LIBRARY_PATH は ソースツリーのルート /path/to/scilab/modules/javasci/.libs/, /path/to/scilab/modules/types/.libs/ および /path/to/scilab/.libs/ を指します.

    アプリケーションは以下のコマンドライン入力により実行します:

    java -cp $SCI/modules/javasci/jar/org.scilab.modules.javasci.jar:$SCI/modules/types/jar/org.scilab.modules.types.jar:. BasicExample
  • または, コマンドラインで, javaの引数として指定します:

    java -Djava.library.path=/path/to/libjavasci/:/path/to/scilab/lib/thirdparty/ -cp $SCI/modules/javasci/jar/org.scilab.modules.javasci.jar:$SCI/modules/types/jar/org.scilab.modules.types.jar:. BasicExample

Windows

このパラグラフでは, Scilabがディレクトリ C:\Program Files\scilab-XXXX (ただし, XXXX は Scilabのバージョン, 例えば"5.4.0") にインストールされていると仮定します.

Windowsでは, 特定の環境変数を定義する必要はありません.

JavaアプリケーションをJavasci v2によりコンパイルするには, 以下のライブラリへのパスをclasspathに追加します:

  • org.scilab.modules.javasci.jar (全てのJavasciアプリケーションで必要)
  • org.scilab.modules.types.jar (アプリケーションがJavasci型を使用する場合)

例に示すコードをコンパイルする, コマンドラインを示します:

javac -cp "C:\Program Files\scilab-XXXX\modules\javasci\jar\org.scilab.modules.javasci.jar;C:\Program Files\scilab-XXXX\modules\types\jar\org.scilab.modules.types.jar";. BasicExample.java

実行の際には, ネーティブライブラリlibjavasci.dllと それが依存するものへのパスを環境変数PATHに追加する必要があります. 必要な全てのライブラリは"bin"フォルダにありますので, コマンドラインは以下のようになります:

set PATH="C:\Program Files\scilab-XXXX\bin";%PATH%

Javaアプリケーションを起動する際のコマンドラインはLinuxとほぼ同じです:

java -cp "C:\Program Files\scilab-XXXX\modules\javasci\jar\org.scilab.modules.javasci.jar;C:\Program Files\scilab-XXXX\modules\types\jar\org.scilab.modules.types.jar";. BasicExample

オプション

javaを起動する際のオプション : -Djava.compiler=JIT -Xmx256m

(これらの引数を指定すると, javasci は 標準scilabと同様に同じ初期オプションを指定して起動されます.

特定のニーズに基づき以下の2つの環境変数が使用される ことに注意してください:

  • SCI_DISABLE_TK=1 はTk (TclのGUI)を無効にします

  • SCI_JAVA_ENABLE_HEADLESS=1 は, Javaをヘッドレスモード(AWT/Swingなし)で起動します.

// 簡単な Javaの例
// javasci v2
// Filename: BasicExample.java

import org.scilab.modules.javasci.Scilab;
import org.scilab.modules.types.ScilabType;

class BasicExample {

    public static void main(String[] args) {
        try {
            Scilab sci = new Scilab();
            sci.open();
            sci.exec("a=cos(%pi)*sin(%pi^2);");
            ScilabType a = sci.get("a");
            System.out.println("a = " + a);
        } catch (org.scilab.modules.javasci.JavasciException e) {
            System.err.println("Could not find variable type: " + e.getLocalizedMessage());
        }
   }
}

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:35 CEST 2014