Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > xcorr

xcorr

離散自己/相互相関を計算する

呼び出し手順

[c [,lagindex]] = xcorr(x [,maxlags [,scaling]])
[c [,lagindex]] = xcorr(x,y [,maxlags [,scaling]])

パラメータ

x

実数または複素浮動小数点数のベクトル.

y

実数または複素浮動小数点数のベクトル. デフォルト値は x.

maxlags

スカラーで,1より大きな整数. デフォルト値は n. ただし,nx, yベクトルの長さの大きい方です.

scaling

文字列で,値は以下のどれか: "biased", "unbiased", "coeff", "none". デフォルト値は "none".

c

実数または浮動小数点数のベクトルで,向きは xと同じです.

lagindex

行ベクトルで, cの値に 対応する添字(lag index)を有します.

説明

  • c=xcorr(x) は以下のように正規化しない離散自己共分散を計算します: そして,c を返します. 自己共分散の並びは, となります.ただし, nxの長さです.
  • xcorr(x,y) は正規化しない離散相互共分散を以下のように計算します: 結果をcに返します. 相互共分散の並びは となります. ただし,nxおよびy の長さの大きい方です.

maxlags 引数が指定された場合, xcorrc を 返し,共分散の並びは と なります. maxlagslength(x)よりも 大きい場合, cの先頭と末尾の複数の値は ゼロになります.

scaling 引数は, cに結果を出力する前に を正規化する方法を以下のように指定します:

  • "biased":c=/n.
  • "unbiased":c=./(n-(-maxlags:maxlags)).
  • "coeff":c=/(norm(x)*norm(y)).

注意

The corr 関数はxおよびyの バイアス付き("biased")共分散を計算し, cのみを返します. 自己共分散の並びは,となります.

手法

この関数は, ifft(fft(x).*conj(fft(y)))により を計算します.

t = linspace(0, 100, 2000);
                y = 0.8 * sin(t) + 0.8 * sin(2 * t);
                [c, ind] = xcorr(y, "biased");
                plot(ind, c)

参照

作者

  • Serge Steer, INRIA

使用される関数

fft

履歴

VersionDescription
5.4.0 xcorr追加.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:30 CEST 2012