Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Matlab binary files I/O > savematfile

savematfile

Matlab MATファイル (バイナリまたは ASCII)を書き込む

呼び出し手順

savematfile('filename')
savematfile('filename', 'var1', 'var2', ...)
savematfile('filename', '-struct', 's')
savematfile('filename', '-struct', 's', 'f1', 'f2', ...)
savematfile(..., '-v4')
savematfile(..., '-v6')
savematfile(..., '-v7')
savematfile(..., '-v7.3')
savematfile filename var1 var2 ...

パラメータ

filename

ファイルへのパスを有する文字列 (必須)

format

使用するデータ形式

"-mat"

バイナリMATファイル (デフォルト)

"-ascii"

8ビット ASCII形式

"-ascii" "-double"

16ビット ASCII形式

"-ascii" "-tabs"

タブ区切り形式

"-ascii" "-double" "-tabs"

16桁アスキー形式, タブ区切り形式

"-v4"

MATLABバージョン4がオープンできる形式

"-v6"

MATLABバージョン6以降がオープンできる形式

"-v7"

MATLABバージョン7以降がオープンできる形式 (デフォルト)

"-v7.3"

MATLABバージョン7.3以降がオープンできる形式

var1, var2

読み込む変数の名前を有する文字列 (バイナリファイル専用)

"-struct" "s"

スカラー構造体 s の全てのフィールドを ファイル filename の独立した変数として保存.

"-struct" "s" "f1" "f2"

構造体の指定したフィールド(s.f1, s.f2, ...)のみ独立した変数として保存.

説明

Scilabから Matlab MATファイルに変数を保存しま. Scilabのデータ型は 等価なMatlabのデータ型に変換されます.

A = rand(10,10);
B = sprand(100,100,0.1);
savematfile('test_matfile.mat','A','B','-v6');
clear;
loadmatfile('test_matfile.mat');
disp(A)
disp(B)

参照

  • load — 保存した1個または複数の変数を読み込む
  • save — バイナリファイルに1個または複数の変数を保存する
  • loadmatfile — lMatlab V6 MATファイル (バイナリまたは ASCII) を Scilabに読み込む
  • mfile2sci — Matlab M-file to Scilab conversion function

参考文献

この関数は以下の "MAT-File Format"に基づき開発されました: Mat-File Format

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:37 CEST 2012