Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Input/Output functions > load

load

保存した1個または複数の変数を読み込む

呼び出し手順

load(filename [,x1,...,xn])
load(fd [,x1,...,xn])

パラメータ

filename

ファイルのパスを含む文字列

fd

mopenのコールにより得られたファイル記述子

xi

文字列で指定した任意のScilab変数名.

説明

load コマンドは save コマンドにより ファイルに保存されたScilabセッション変数を再度読み込む際に使用されます. ファイルがグラフィックハンドル変数を含む場合, 対応する graphics_entities が描画されます.

load(filename) はパス filenameで指定されたファイル に保存された変数を読み込みます.

load(fd) は記述子 fdで指定された ファイルに保存された変数を読み込みます. このプロトタイプは廃止予定であり,Scilab 6では削除されます.

load(filename,'x','y') は,変数 x,yのみを読み込ます.

load(fd,'x','y') は,変数 x,yのみを読み込みます. このプロトタイプは廃止予定であり,Scilab 6では削除されます..

Scilab 5シリーズと6シリーズの間でフォーマットの変更が決められました. これは,5形式は文書化されておらず,仕様が既定されておらず,読み込むことが困難であったためです. SOD (Scilab 6 のデフォルト形式)は完全に文書化され,HDF5ライブラリまたはアプリケーションにより 容易に読み込むことができます.

書き込まれたファイルは他のオペレーティングシステムやアーキテクチャ (リトルおよびビッグインディアン)に対する可搬性があります.

// Scilab 5 ファミリーまでで可読なバイナリ形式
a=eye(2,2);b=ones(a);
save('vals.dat',a,b);
clear a
clear b
load('vals.dat','a','b');

// Scilab 5.4.X および Scilab 6 ファミリーの両方で可読なバイナリ形式
a=eye(2,2);b=ones(a);
save("val.sod", "a", "b");
clear a
clear b
load("val.sod", "a", "b");

参照

  • save — バイナリファイルに1個または複数の変数を保存する
  • read — 行列を読み込む
  • listvarinfile — 保存したデータファイルの内容の一覧を得る
  • save_format — "save"で作成されるファイルの形式
  • exec — スクリプトファイルを実行する
  • mopen — ファイルをオープン

履歴

VersionDescription
5.0.0 uimenu または uicontrol ハンドルもこの関数で読み込まれます.
5.4.0
  • この関数は,デフォルトでScilab 6 および SOD (Scilab 6形式)を共に 読み込むことができます.
  • Scilab 5.X 形式は廃止予定であり,Scilab 6で削除されます.
  • ファイル記述子を最初の引数とするloadは廃止予定であり,Scilabで削除されます.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012