Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > figure_operations > drawnow

drawnow

隠されたグラフィックエンティティを描画.

呼び出し手順

drawnow()

説明

カレントの図に関して, この関数は, drawlaterをコールすることにより延期されていた 隠されたグラフィックエンティティとその子を描画するために 使用されます.カレントの図immediate_drawing プロパティは "on"に設定されます.

この関数は特にdrawlater 関数と組み合わせて使用されます.

f=get("current_figure") // カレントの図のハンドル
  
drawlater()
subplot(221);
t=1:10;plot2d(t,t.^2)
subplot(222);
x=0:1:7;plot2d(x,cos(x),2) 
subplot(234);
plot2d(t,cos(t),3);
subplot(235);
plot2d(x,sin(2*x),5); 
subplot(236);
plot2d(t,tan(2*t));  
 
draw(gca()); //カレントの軸とその子を描画
draw(f.children([3 4])); // 指定した軸とその子を描画
drawnow(); // カレントの図を描画

参照

  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • drawlater — 軸の子を不可視にする.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:35 CEST 2012