Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > annotation > captions

captions

グラフの表題を描画

呼び出し手順

hl=captions(h, strings [,location])

引数

h

ポリラインエンティティのハンドルのベクトル.

strings

n個の文字列のベクトル , strings(i) は i番目のポリラインの表題

hl

"Legend"型のハンドル, 表題の情報を含む構造体を指します (legend_properties参照).

location

文字列で,以下の値を指定できます:

  • "in_upper_right":表題は 軸ボックスの右上隅に描画されます.

  • "in_upper_left": 表題は 軸ボックスの左上隅に描画されます.

  • "in_lower_right": 表題は 軸ボックスの右下隅に描画されます.

  • "in_lower_left": 表題は 軸ボックスの左下隅に描画されます.

  • "out_upper_right": 表題は 軸ボックスの右上隅の右に描画されます.

  • "out_upper_left": 表題は 軸ボックスの左上隅の左に描画されます.

  • "out_lower_right": 表題は 軸ボックスの右下隅の右に描画されます.

  • "out_lower_left": 表題は 軸ボックスの左下隅の左に描画されます.

  • "upper_caption": 表題は 軸ボックスの左上隅の上に描画されます.

  • "lower_caption": 表題は 軸ボックス左下隅の下に描画されます. このオプションはplot2dleg引数に対応します.

  • "by_coordinates": 表題ボックスの左上隅をデータ構造体の "position"フィールドで指定します. xおよび y座標は axes_boundsの大きさに対する 比で指定します.

説明

カレントのプロットの表題を指定した文字列をラベルにして グラフィックウインドウの左下隅に配置します. captions は対応するポリラインを想定した ラベルを前に付加します. 型とプロパティは指定したハンドルから取得されます:

captions 関数は Legend データ構造体を作成します.

各軸に付随したLegendが最大1個作成されます. caption 関数がLegendがまだ存在する時に 再度コールされた場合,古いものが置換されます.

t=0:0.1:2*%pi;
a=gca();a.data_bounds=[t(1) -1.8;t($) 1.8];
a.margins(4)=0.2;

plot2d(t,[cos(t'),cos(2*t'),cos(3*t')],[1,2 3]);  
e=gce();
e.children(1).thickness=3;
e.children(2).line_style=4;

hl=captions(e.children,['cos(t)';'cos(2*t)';'cos(3*t)']);
hl=captions(e.children,['cos(t)';'cos(2*t)';'cos(3*t)'],'in_upper_right');

hl.legend_location='in_upper_right'
hl.fill_mode='on';

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012