Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > xgetech

xgetech

カレントのグラフィックスケールを取得

呼び出し手順

[wrect,frect,logflag,arect]=xgetech()

パラメータ

wrect,frect

実数ベクトル.

logflag

大きさ 2の文字列 "xy".

説明

xgetech は(カレントのウインドウの)カレントのグラフィックスケール を返します. frectにより指定される矩形[xmin,ymin,xmax,ymax]は グラフィックウインドウ全体の大きさです. プロットはwrectにより指定されるカレントのグラフィックウインドウの 領域に対して行われます.

wrect=[x,y,w,h] (左上の点, 幅, 高さ) はグラフィックウインドウ内の 領域を記述します. wrectの値はグラフィックウインドウの幅と高さの比により指定されます:

wrect=[0 0 1 1] はグラフィックウインドウ全体が使用されることを意味します.

wrect=[0.5 0 0.5 1] はグラフィック領域が グラフィックウインドウの右半分となることを意味します.

logflagは大きさ2の文字列 "xy" で, x および y は "n" または "l" とすることができます. "n"は通常(線形)スケール, "l" はログスケールを意味します. x はx軸, y はy軸を意味します.

arect=[x_left, x_right,y_up,y_down] はサブウインドウ内の フレームの大きさを指定します. グラフィックフレームは( wrectのように) カレントのグラフィックサブウインドウの幅または高さとの比により指定されます. デフォルト値は1/8*[1,1,1,1]です. arect が指定されない場合,カレントの値は変更されません.

// 最初のサブウインドウ
xsetech([0,0,1.0,0.5])
plot2d()
// 続いてxsetechにより2番目のサブウインドウを設定
xsetech([0,0.5,1.0,0.5])
grayplot()
// 最初のサブウインドウのグラフィックスケールを取得
xsetech([0,0,1.0,0.5])
[wrect,frect,logflag,arect]=xgetech();
// 2番目のサブウインドウのグラフィックスケールを取得
xsetech([0,0.5,1.0,0.5])
[wrect,frect,logflag,arect]=xgetech();
clf();
xset('default')

参照

  • xsetech — プロット時にグラフィックウインドのサブウインドウを設定

作者

J.Ph.C.;

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Oct 05 12:12:59 CEST 2011