Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.3.3 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Elementary Functions > Trigonometry > cscd

cscd

度単位で指定した引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する

呼出し手順

x = cscd(x)

パラメータ

x

実数または複素数の配列.

x

実数または複素数の配列.

説明

yのエントリは,度単位で指定した xのエントリのコセカント1/sin となります. 引数の要素毎のコセカント(余割)を計算します. コセカント(余割)は 1/sin で定義される周期関数です. 実数のデータの場合,結果は ]-%inf -1] U [1 %inf[の範囲の実数となります. 結果は実数となり, ]-%inf -1] U [1 %inf[ の範囲となります. nを整数としてn*180 に等しいエントリの場合,結果は無限大 (ieee モードによってはエラーとなります) となります. nを整数かつ奇数としてn*90 に等しいエントリの場合,結果は厳密に1または-1となります.

csc(%pi/4)
cscd(90)

参照

  • secd — 要素毎の割線(引数の単位:度)
  • csc — 引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する.
  • sind — 要素毎の正弦(引数の単位:度).

作者

  • Serge Steer, INRIA
<< csc Trigonometry csch >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Oct 05 12:12:40 CEST 2011