Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Elementary Functions > signalprocessing > syslin

syslin

線形システムを定義する

呼び出し手順

[sl]=syslin(dom,A,B,C [,D [,x0] ])
[sl]=syslin(dom,N,D)
[sl]=syslin(dom,H)

パラメータ

dom

文字列 ('c', 'd'), または [] または スカラー.

A,B,C,D

状態空間表現の行列 (D はオプションで,デフォルトでは ゼロ行列となります). プロパーでないシステムでは,D は多項式行列となります.

x0

ベクトル (初期状態量; デフォルト値は 0)

N, D

多項式行列

H

有理関数または線形状態空間表現

sl

tlist ("syslin" リスト) は 線形システムを表します

説明

syslin はリストとして線形システムを定義し, データの整合性を確認します.

dom はシステムの時間領域を指定するもので, 以下の値を指定することができます:

連続時間システムの場合dom='c', 離散時間システムの場合 dom='d' , サンプル時間 n (単位:秒)のサンプル値システム の場合 n.

時間領域が未定義の場合 dom=[]

状態空間表現:

sl=syslin(dom,A,B,C [,D [,x0] ])

は次のシステムを定義します :

syslin の出力は以下の形式のリストとなります: sl=tlist(['lss','A','B','C','D','X0','dt'],A,B,C,D,x0,dom) D は多項式行列(プロパーでないシステム)とすることが できることに注意してください.

伝達行列表現:

sl=syslin(dom,N,D) 
sl=syslin(dom,H)

syslin の出力は以下の形式のリストとなります : sl=tlist(['r','num','den','dt'],N,D,dom) または sl=tlist(['r','num','den','dt'],H(2),H(3),dom).

syslin で定義された線形システムは 状態空間または伝達関数表現のどちらでも 通常の行列と同様に操作(結合, 展開, 転置, 乗算,など)することができます.

状態空間制御関数の多くは, 4つの行列でシステムを定義する代わりに syslinリストを入力とします.

A=[0,1;0,0];B=[1;1];C=[1,1];
S1=syslin('c',A,B,C)   //線形システムを定義
S1("A")    //A行列を表示
S1("X0"), S1("dt") // X0と時間領域を表示
s=poly(0,'s');
D=s;
S2=syslin('c',A,B,C,D)
H1=(1+2*s)/s^2, S1bis=syslin('c',H1)
H2=(1+2*s+s^3)/s^2, S2bis=syslin('c',H2)
S1+S2
[S1,S2]
ss2tf(S1)-S1bis
S1bis+S2bis
S1*S2bis
size(S1)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:51 CET 2011