Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Functions > profiling > plotprofile

plotprofile

Scilab関数のプロファイルを展開,表示する

呼び出し手順

plotprofile(fun)

パラメータ

fun

コンパイル済みのScilab 関数, または関数名 (文字列), または関数名の配列

説明

plotprofileを使用する場合, Scilab 関数は プロファイル用の準備を実施済みである必要があります (exec 参照).

このような関数が実行された時, システムは 各行の実行回数と 各行の実行に要したCPU時間を計測します. このデータは関数データ構造体の中に保存されます. 対話的コマンドで 関数 plotprofileが実行された場合, この結果はグラフィックウインドウに表示されます. ある行がクリックされると, 関数のソースが表示され,選択された行がハイライト表示されます.

注意: "plotprofile"を終了するにはグラフィックウインドウの "Exit"項目をクリックする必要があります.

関数コードはfun2stringにより再生成され, テンポラリファイルにダンプされます.

//関数を定義し,プロファイル用に設定
deff('x=foo(n)',['if n==0 then'
                 '  x=[]'
                 'else'
                 '  x=0'
                 '  for k=1:n'
                 '    s=svd(rand(n+10,n+10))'
                 '    x=x+s(1)'
                 '  end'
                 'end'],'p')
//関数をコール
foo(30)

//実行プロファイルを取得
plotprofile(foo) // 終了するには Exit をクリック

参照

  • profile — Scilab関数の実行プロファイルを展開
  • showprofile — Scilab関数の実行プロファイルを展開し,表示する
  • fun2string — Scilab関数のアスキー定義を生成する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:01:00 CET 2011