Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Functions > fun2string

fun2string

Scilab関数のアスキー定義を生成する

呼び出し手順

txt=fun2string(fun,name)

パラメータ

fun

関数型変数

name

文字列, 生成した関数名

txt

文字列の列ベクトル, scilab関数を指定するテキスト

説明

ロード済みのScilab関数の擬似コードを指定すると,fun2string により, そのコードを再度生成することができます. 生成したコードはインデントされ, 整形されます.

仕組みはmfile2sciに似ていますが, より簡単です. 構文の変換に使用することも可能です.

txt=fun2string(asinh,'foo');
write(%io(2),txt,'(a)')

参照

  • exec — スクリプトファイルを実行する
  • edit — 関数の編集
  • macrovar — 関数の変数
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:01:00 CET 2011