Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Functions > listfunctions

listfunctions

ワークスペースの全ての関数のプロパティ

呼び出し手順

[flist,compiled,profilable,called] = listfunctions([scope])

パス名

scope

文字列, "local" (デフォルト) または "global"

flist

文字列の配列, 指定した名前空間にある全関数変数の名前

compiled

論理値配列, 対応するflistの要素が型=13の場合に真

profilable

論理値配列, 対応するflistの要素が型=13の場合に真となり, プロファイル情報が関数の擬似コードの中に追加されます.

called

uint32 配列, flist の対応する要素がコールされた回数 (プロファイル可能な関数の場合のみ非ゼロ)

説明

  • この関数は,(whoで指定した) ワークスペースの全ての変数を確認し, 型11または13の変数を収集します; 後で, lst=macr2lst(fun) が コールされた際, 最初のコード行の末尾に特殊なプロファイルエントリ lst(5)(1)=="25" がチェックされます.

recompilefunction("asinh","p")
[flist,compiled,profilable,called] = listfunctions();
flist(profilable)

参照

  • function — 関数定義をオープンする
  • exec — スクリプトファイルを実行する
  • deff — 関数のオンライン定義
  • comp — scilab 関数のコンパイル
  • fun2string — Scilab関数のアスキー定義を生成する
  • profile — Scilab関数の実行プロファイルを展開
  • recompilefunction — 型を変更し,Scilab関数を再コンパイルする

作者

Enrico Segre

参考文献

http://wiki.scilab.org/Scilab_function_variables%3A_representation%2C_manipulation

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:01:00 CET 2011