Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Elementary Functions > signalprocessing > sysconv

sysconv

システム変換

呼び出し手順

[s1,s2]=sysconv(s1,s2)

引数

s1,s2

リスト (線形システム syslin )

説明

s1 および s2 を システムの相互接続処理を行うために共通の表現に変換します. 変換規則は以下の表で指定されています.

"c": 連続時間システム
"d": 離散時間システム
n: サンプル周期nのサンプル化システム
[ ] : 未定義の時間領域を有するシステム. 混合システムの場合, s1 および s2 は 状態空間表現に変換されます.

s1\s2"c""d"n2[ ]
"c" nothing uncompatible c2e(s1,n2) c(s2)
"d" uncompatible nothing e(s1,n2) d(s2)
n1 c2e(s2,n1) e(s2,n1) n1<>n2 uncomp
n1=n2 nothing
e(s2,n1)
[ ] c(s1) d(s1) e(s1,n2) nothing

以下のような意味があります:

n1, n2 : サンプリング周期
c2e(s,n) : 連続時間システム sをサンプリング周期nの 離散システムに変換.
c(s) : 連続システムに変換 (時間領域は"c")
d(s) : 離散システムに変換 (時間領域は"d")
e(s,n) : 周期nのサンプル化システムに変換.

s1 = ssrand(1,1,2);
s2 = ss2tf(s1);
[s1,s2] = sysconv(s1,s2);

参照

  • syslin — 線形システムを定義する
  • ss2tf — 状態空間から伝達関数への変換
  • tf2ss — 伝達関数から状態空間表現への変換
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:07 CET 2019