Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> FFTW > get_fftw_wisdom

get_fftw_wisdom

fftw wisdomを返す

呼び出し手順

[txt]=get_fftw_wisdom()

引数

txt

fftw wisdomを含む文字列行列.

注意

この関数は, MKL intelライブラリを使用する Scilabバージョンでは実装されていません (特にWindows用のScilab公式版).

説明

この関数は,文字列行列として fftw wisdom を返します. get_fftw_wisdom および set_fftw_wisdom を使用することで, 同じデータの大きさと fft関数に同じオプションにして 多くのコールを行う場合に fft効率を最適化できるようになります.

sample_rate=1000;
t = 0:1/sample_rate:40;
N=size(t,'*'); //サンプル数
s=sin(2*%pi*50*t)+sin(2*%pi*70*t+%pi/4)+grand(1,N,'nor',0,1);
fftw_forget_wisdom();
timer();y=fft(s);t1=timer() //最初のコール
timer();y=fft(s);t2=timer()  //2番目のコールは保存したwisdomを使用
t1/t2
wisdom1=get_fftw_wisdom(); //カレントの wisdomを保存
//異なるfftを実行
A = zeros(256,256);
A(5:24,13:17) = 1;
X = fft(A);

//s と同じ大きさで新規信号を作成
s1=sin(2*%pi*10*t)+sin(2*%pi*7*t+%pi/4)+5*grand(1,N,'nor',0,1);
//保存したwisdomを回復
set_fftw_wisdom(wisdom1);
timer();y=fft(s);t3=timer()
t3/t2

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:12 CET 2019