Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Elementary Functions > matrixoperations > cross

cross

ベクトル外積

呼び出し手順

C = cross(A,B)

引数

A

実数, 複素数, 多項式または3行N列または1行3列の論理値行列.

B

実数, 複素数, 多項式またはAと同じ大きさの論理値行列.

C

実数, 複素数, 多項式またはA及びBと同じ大きさの論理値行列.

説明

cross は以下のような A 及び Bの外積を返します:

\begin{eqnarray}
                    C = A \wedge B
                    \end{eqnarray}

A 及び B は, 通常の行列または疎行列とすることができます. しかし,分数行列はサポートされていません. 論理値行列の場合, cross は%t (または %f)を 1 (または 0), '&' (または '|') を '*' (または '+') として計算します.

最後に, A 及び B が 3行N列行列の場合, 列毎に計算が行われます.

A=[1;2;3];
B=[2;3;4];
cross(A,B) // 予測値: [-1;2;-1]
A=[%i,2,1+%i];
B=[1,%i,2+%i];
cross(A,B) // 予測値: [5+%i,2-%i,-3]
A=[%t;%f;%t];
B=[%t;%f;%f];
cross(A,B) // 予測値: [0;1;0]

履歴

バージョン記述
5.5.0 関数 cross が導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:06 CET 2019