Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Sparses Matrix > chfact

chfact

疎行列のコレスキー分解

呼び出し手順

spcho=chfact(A)

引数

A

正方正定対称疎行列

spcho

コード形式のコレスキー分解を含むリスト

説明

spcho=chfact(A) は, 正定対称行列と仮定して疎行列Aの コレスキー分解を計算します. この関数は,Ng-Peyton プログラム (ORNL)に基づいています. spchoの変数の詳細な説明については, Fortran プログラムを参照ください. この関数は chsolveと共に使用されます.

A=sprand(20,20,0.1);
A=A*A'+eye();
chfact(A)

sol=(1:20)';
rhs=A*sol;
chfact(A)

参照

  • chsolve — 疎行列のコレスキーソルバ
  • sparse — 疎行列を定義
  • lufact — 疎行列LU分解
  • luget — 疎行列LU分解の展開
  • spchol — 疎行列コレスキー分解
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:13 CET 2019