Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Linear Algebra > Matrix Analysis > cond

cond

条件数

呼び出し手順

c = cond(X)

c = cond(X, p)

引数

X

実数または複素数の行列. c = cond(X, p)の場合, Xは実数または複素数の 正方行列とする必要があります.

c

実数スカラー, 条件数.

説明

c = cond(X)

は,2-ノルムの条件数を返します. cond(X)Xの 最大特異値と最小特異値の比です.

c = cond(X, p)

は,p-ノルムの条件数を返します : norm(X, p) * norm(inv(X), p). p が指定された場合, p は以下に等しくなります :

  • p = 1. cond(X, p) は,1-ノルムの条件数を返します.

  • p = 2. cond(X, p) は,1-ノルムの条件数を返します.

  • p = %inf または 'inf'. cond(X, p) は,無限大ノルムの条件数を返します.

  • p = 'fro'. cond(X, p) はフロベニウスノルムの条件数を返します.

A=testmatrix('hilb',6);
// 2-ノルムの条件数
cond(A)
cond(A, 2)

// 1-ノルムの条件数
cond(A, 1)

// 無限大ノルムの条件数
cond(A, %inf)

// フロベニウスノルムの条件数
cond(A, 'fro')

参考

履歴

VersionDescription
5.4.0

非正方行列のXを指定して, cond(X)をコールしても管理されるようになりました. 例えば:

X = [1 0; 1 -1; 0 1];
cond(X)

cond(X, p)をコールすることで、 p-ノルム条件数を計算できるようになりました. 例えば:

X = [1 -6 0; 1 0 -4;1 0 2];
cond(X, 1) // 1-ノルム(p = 1)の条件数
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Feb 12 23:12:40 CET 2018