Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Files : Input/Output functions > getURL

getURL

URL (HTTP, HTTPS, FTP...) をダウンロード

呼び出し手順

filename = getURL(URL);

[filename, [content]] = getURL(URL [, targetDir [, username [, password]]]]);

[filename, [content]] = getURL(URL [, targetFile [, username [, password]]]]);

引数

URL

文字列: URL. サポートされており,テスト済みです: HTTP, HTTPS, FTP (IPv4 およびIPv6)

targetDir

文字列オプションパラメータ:ファイルを保存するディレクトリ (空の場合はカレントディレクトリ)

targetFile

文字列オプションパラメータ: ファイルの保存先(空の場合はカレントディレクトリ)

username

文字列オプションパラメータ: 認証が必要なWebサイト用のユーザ名

password

文字列オプションパラメータ: 認証が必要なWebサイト用のパスワード

filename

文字列: ファイルをダウンロードするパス

content

文字列: ダウンロードしたファイルの内容

説明

URLからファイルをダウンロード.

getURL はリモートURLからファイルをダウンロードします. getURLはURLで指定するものと同じ名前を使用します. しかし,いくつかの習慣に基づき(例えば,http://www.scilab.org/) ファイル名がURLで指定されない場合に, getURLはファイル名をindex.htmlに変更します.

content はURLに指定されたページの内容を有します.

この関数は curlライブラリにもとづいています.

認証が必要なWebサイト用にusername と password を指定できます. 使用される認証方法はCURLAUTH_ANYで, libcurlライブラリのCURLOPT_HTTPAUTHパラメータで指定されます.

IPv6 (そして当然 IPv4) が getURLにより標準でサポートされます.

このバージョンではプロキシ設定が有効となっています. ATOMS設定ファイルのパラメータを使用します.

URLに追従して確実にダウンロードを行うには, curlオプションCURLOPT_FOLLOWLOCATION を有効にします.

getURL は libcurlにもとづいています. 公式のScilabバイナリにおけるこのライブラリのバージョンは, HTTP, HTTPS, FTP および FTPS サポートを有効にしてコンパイルされています. Scilabがディストリビューションのパッケージシステムによりインストールされた場合, HTTP, HTTPS および FTPS以外の 他のプロトコル も動作する可能性があります.しかし, これらはまだ十分に試験されていません.

// URLをダウンロードし, ファイル maths_simulation に保存します

getURL("http://www.scilab.org/products/scilab/features/maths_simulation");

// Scilabホームページをカレントディレクトリに保存します (そしてファイルにリネーム)

getURL("http://www.scilab.org","scilab_homepage.html");

// Scilabの例をダウンロードし, 実行します

myFile = getURL("http://fileexchange.scilab.org/toolboxes/contour3d/10.03/files/contour3d.sci",TMPDIR)

exec(myFile);

contour3d();

// 認証を使用

getURL("http://httpbin.org/basic-auth/user/passwd",TMPDIR+"/testfile.html","user","passwd")

// IPv6接続を使用

getURL("http://ipv6.google.com/intl/en_com/images/srpr/logo3w.png")

// 内容を取得

[myFile, content] = getURL("http://fileexchange.scilab.org/toolboxes/contour3d/10.03/files/contour3d.sci",TMPDIR)

参照

  • splitURL — URL (HTTP, HTTPS, FTP...) を分解

History

バージョン記述
5.5.0 この関数はScilab 5.5.0で追加されました
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:31 CET 2017