Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Xcos > palettes > Continuous time systems palette > INTEGRAL_m

INTEGRAL_m

積分

ブロックのスクリーンショット

説明

このブロックは積分器です. 出力yは,カレント時間ステップtにおける 入力uの積分です.

ただし, y0 は初期条件, t0 は対応する時間です.

ダイアログボックス

パラメータダイアログボックスにより以下を定義します:

  • 初期条件における飽和リミット指定の有無.

  • 積分の下限および上限リミット.

ダイアログボックスにより,指定した初期条件に 状態変数をリセットするためのイベントポートをブロック に追加できます.

"再初期化"を選択した場合, 以下が出力されます:

  • 積分される値は積分ブロックポート番号1に接続できます. (積分ブロックの左上隅)

  • 赤で記されたトリガーポートに トリガー信号を入力した際に積分が初期化される値は, 積分ブロックポート番号2に接続できます(積分ブロックの左下隅のポート).

  • 初期条件

    ベクトル/スカラー初期条件.

    このパラメータにより,入力/出力のデータ型を定義できます. 実数または複素数型とすることができます.

    プロパティ: 大きさ [-1,-1]の 'mat'型.

  • 再初期化有りの場合

    状態量を外部信号に基づき指定した初期条件にリセットする場合, 1 を選択します.

    プロパティ : 大きさ1の'vec'型.

  • 飽和有りの場合

    選択された場合, 状態変数は 下限飽和リミットおよび上限飽和リミットパラメータ の間の値に制限されます.

    プロパティ : 大きさ1の'vec'型.

  • 上限リミット

    積分の上限リミット.

    プロパティ : 大きさ[-1,-1]の'mat'型.

  • 下限リミット

    積分の下限リミット.

    プロパティ : 大きさ[-1,-1]の'mat'型.

デフォルトプロパティ

  • 常にアクティブ: yes

  • 直達項: no

  • ゼロ交差: no

  • モード: no

  • 標準入力:

    - ポート 1 : 大きさ [1,1] / 1型

  • 標準出力:

    - ポート 1 : 大きさ [1,1] / 1型

  • アクティベーション入力の数/大きさ: 0

  • アクティベーション出力の数/大きさ: 0

  • 連続時間状態量: yes

  • 離散時間状態量: no

  • オブジェクト離散時間状態量: no

  • 計算用関数の名前: integral_func

インターフェイス用関数

  • SCI/modules/scicos_blocks/macros/Linear/INTEGRAL_m.sci

計算用関数

  • SCI/modules/scicos_blocks/src/c/integral_func.c

  • SCI/modules/scicos_blocks/src/c/integralz_func.c

例1

この例のモデルは積分器の状態ポートの使用例を示します.

再初期化パラメータを1, 上限リミットを 1, 下限リミットを -1に設定します.

例2

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:34 CET 2017