Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Control flow > while

while

while キーワード

説明

while 構文. "end"で終わる必要があります.

while expr ,instructions,...[,else instructions], end

while expr do instructions,...[,else instructions], end

while expr then instructions,...[,else instructions], end

注意:

  • 唯一の制約は, then または doキーワードを while キーワードと同じ行に置く必要がある ことです.

  • キーワード then または do は キャレッジリターンまたはカンマで置換することができます. Matlabとの互換性のため,推奨されませんが, 式の終わりと命令の始まりの間に空白を置く方法で代替することも可能です.

  • オプションの ,else instructions 構造により, 式の評価が偽となった場合に実行される命令を指定することが可能です.

Scilabプログラミング言語のコード規約に基づき, 以下が推奨されます:

  • 各命令を新しい行で開始する.

  • 1行に複数の命令を記述しない.

  • 複合命令は,複数行に分割する.

例えば以下のようにします:

i = 0
while i<5
    disp("i");
    i = i + 1;
end

以下は推奨されません.

i = 0; while i<5 disp("i"); i = i + 1; end

警告: 条件付き命令(if while for または select/case)の本文を定義するために使用可能な 文字数は 16 k以下とする必要があります.

e=1; a=1; k=1;
while norm(a-(a+e),1) > %eps,
    e=e/2;
    k=k+1;
end
e,k

参照

  • for — ループ用の言語キーワード
  • select — select キーワード
  • break — ループ中断を表すキーワード
  • return — リターンまたは復旧し,ローカルな変数をコピー
  • pause — 中断モード, キーボード入力を待つ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:24:57 CEST 2015