Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Sound file handling > wavwrite

wavwrite

.wavサウンドファイルに書き込む

呼び出し手順

wavwrite(y, wavfile)
wavwrite(y, Fs, wavfile)
wavwrite(y, Fs, nbits, wavfile)

引数

y

実数ベクトルまたは行列,エントリは [-1,1]の範囲.

wavfile

文字列 (拡張子が指定されない場合拡張子.wavが追加されます)

Fs

整数, サンプリング周波数(単位:Hz). デフォルト値は 22500.

nbits

ビット長8, 16, 24, 32 ビット. 各サンプルに記録される情報のビット数を示します. 16がデフォルト値です. k

説明

.wav サウンドファイルを保存するためのユーティリティ関数. wavwrite(y,wavfile)は文字列wavfileで指定された サウンドファイルを書き込みます. デーはは1チャネル毎に1列に並べられている必要があります. 範囲[-1,+1]を超える大きさは無視されます.

wavwrite(y,Fs,wavfile) は, データのサンプルレート Fsを Hzで指定します.

A=matrix(1:6,2,3);
wavwrite(A/6,TMPDIR+'/foo.wav');
B=wavread(TMPDIR+'/foo.wav');

参照

  • auread — .au サウンドファイルを読み込む
  • wavread — .wav サウンドファイルを読み込む
  • savewave — データをサウンドwavファイルに保存.
  • analyze — サウンド信号の周波数プロット
  • mapsound — サウンドマップをプロット
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:04 CEST 2015