Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Sound file handling > savewave

savewave

データをサウンドwavファイルに保存.

呼び出し手順

savewave(filename,x [, rate , nbits]);

引数

filename

文字列. 出力wavファイルのパス

x

mxn 行列, ただし, m はチャンネル数, n は各チャネルの サンプル数

rate

サンプリング・レート(サンプル数/秒)を指定するスカラー. 22050 がデフォルト値です.

説明

x をwavサウンドファイルに保存します. 他のサウンドファイルをsoxプログラムにより wavファイルに変換できます.

// まず0.5秒分のサウンドパラメータを作成.
t=soundsec(0.5);
// 次にサウンドを生成.
s=sin(2*%pi*440*t)+sin(2*%pi*220*t)/2+sin(2*%pi*880*t)/2;
[nr,nc]=size(t);
s(nc/2:nc)=sin(2*%pi*330*t(nc/2:nc));
savewave(TMPDIR+'/foo.wav',s);

参照

  • loadwave — サウンドwavファイルをscilabに読み込む
  • analyze — サウンド信号の周波数プロット
  • mapsound — サウンドマップをプロット
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:04 CEST 2015