Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Variables > clear

clear

変数を消去する

呼出し手順

clear a b c
clear('a', 'b', 'c')
clear(['a' 'b' 'c'])

引数

a, b, c...

任意の型および大きさの変数, ただし,保護されていないこと

説明

このコマンドは保護されていない変数を消去します. 変数は環境から削除されます. clearpredefで保護された 変数以外の全ての変数を消去します. このため,2つのコマンド predef(0) およびclear により全ての変数が削除されます.

通常,保護される変数は標準ライブラリとパーセント構文の変数です.

正しい構文はclear aおよびclear('a')であり, clear(a)ではないことに注意してください. a=[]a を消去しませんが, aを空の行列にすることに注意してください.

コマンド clear は存在しない変数も消去します, すなわち, clear は存在しない変数を存在するものとして 消去します.

a = 2;
b = 3;
c = 4;
clear a
isdef("a") // F
isdef("b") // T
clear("b");
isdef("b") // F
a = 2;
b = 3;
c = 4;
clear(['a' 'b' 'c'])
isdef("a") | isdef("b") | isdef("c") // F

参照

  • predef — 変数の保護
  • who — 変数の一覧

履歴

バージョン記述
5.5.0 引数を文字列の行列とすることができるようになりました
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:24:57 CEST 2015