Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - 日本語

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Справка Scilab >> Java from Scilab > jautoUnwrap

jautoUnwrap

返された値を自動的にアンラップする

呼び出し手順

autoUnwrap = jautoUnwrap()

jautoUnwrap(autoUnwrap)

パラメータ

autoUnwrap

論理値

説明

autoUnwrap が trueの場合, メソッドのコールにより 返された値は可能な限りアンラップされます.

これにより, Java / Scilab変換の使用が非常に簡単になります.

デフォルトで, autoUnwrap は trueです.

jautoUnwrap(%f);
jautoUnwrap()
jautoUnwrap(%t);
// この例では, 自動アンラップを無効にせずに, Scilab は
// currentTimeMillisの結果をlongに変換します(この変換はScilabではまだ
// サポートされていません)
// 自動アンラップを利用しない場合, Scilab はオブジェクトへのリファレンスを
// 保持します

               jautoUnwrap(%f)
               jimport java.util.Date;
               jimport java.lang.System;

               t = System.currentTimeMillis();
               s = jnewInstance(Date, t);
               str = jnewInstance("java.lang.String", "Hello");
               d = s.toString()

               jremove Date System t s str;
               jautoUnwrap(%t)

参照

  • jinvoke — Javaオブジェクトのメソッドを呼び出す

履歴

ВерсияОписание
5.5.0 関数が導入されました. 'JIMS'モジュールに基づきます. JIMSモジュールとの動作上の主な違いは, jautoUnwrapがデフォルトで 有効になっていることです.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 14:01:18 CEST 2014