Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.5.1 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > interaction > seteventhandler

seteventhandler

カレントのグラフィックウインドウのイベントハンドルを設定

呼び出し手順

seteventhandler(sfun_name)

seteventhandler('')

パラメータ

sfun_name

文字列. イベントを処理させるScilab関数の名前

説明

この関数によりユーザはカレントのグラフィックウインドウの特定のイベントの ハンドラを設定できます. seteventhandler('')はハンドラを削除します.

イベントハンドラ関数に関する詳細については, event handler functionsヘルプを参照ください.

function my_eventhandler(win, x, y, ibut)

  if ibut==-1000 then return,end

  [x,y]=xchange(x,y,'i2f')

  xinfo(msprintf('Event code %d at mouse position is (%f,%f)',ibut,x,y))

endfunction

plot2d()

seteventhandler('my_eventhandler')

//ここで:

//   -  グラフィックウインドウでマウスを移動

//   -  シフトキーまたはCtrlキーを押す/押さない状態でキーを押す

//   -  ボタンを押し, 少し待ってから離す

//   -  ボタンを押して離す

//   -  ボタンをダブルクリック

seteventhandler('') //イベントハンドラを削除

参照

  • addmenu — 対話的にボタン/メニューを定義
  • xgetmouse — マウスのイベントおよびカレントの位置を取得する
  • xclick — マウスクリップを待つ.
  • xchange — 実座標をピクセル座標に変換する
  • event handler functions — イベントハンドラとして使用できる関数のプロトタイプ.
  • figure_properties — グラフィックエンティティプロパティの説明
Report an issue
<< rubberbox interaction xclick >>

Copyright (c) 2022-2024 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014