Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilabヘルプ >> Scilab MPI > MPI

MPI

ScilabからのMPI機能へのアクセス

説明

MPIインターフェイスがScilabに提供されています. このインターフェイスにより高性能なメッセージ指定 計算が可能となります.

他のMPIアプリケーションと同様に, Scilab/MPI は mpirunコマンドにより開始され,通常, 開始するノード数を指定する引数-cを 指定します.

サポートされるデータ型

Scilab MPI実装は以下の (行列またはスカラー形式の)Scilabデータ型をサポートします:

  • Double
  • Boolean
  • int (全て)
  • String
  • Sparse
  • Boolean Sparse
現時点では,list, tlistまたは mlistのような高位の データ型構造はサポートされていません. これらをサポートするためには,バグレポートを新規に投稿するのが 良いでしょう.

Scilab MPIの例

// TODO. 例を追加 (PI ?)

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:35 CEST 2014