Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Optimization and Simulation > Semidefinite Programming > lmitool

lmitool

LMIを解くためのツール

呼び出し手順

lmitool()
lmitool(filename)
txt=lmitool(probname,varlist,datalist)

パラメータ

filename

.sci関数を指す文字列

probname

問題の名前を有する文字列

varlist

未知の行列の名前を有する文字列 (複数名前が複数ある場合はカンマで区切ります)

datalist

データ行列の名前を有する文字列 (複数名前が複数ある場合はカンマで区切ります)

txt

ユーザが次に行うべきことに関する情報を提供する文字列

説明

lmitool() または lmitool(filename) は, LMI問題を対話的に定義する際に使用されます. 非対話モードでは, txt=lmitool(probname,varlist,datalist) はカレントのディレクトリにファイルを生成します. このファイルの名前は,probnameの末尾に .sciを付加することにより得られます. このファイルはソルバー関数のスケルトンで, lmisolverにより必要とされる評価関数です.

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:24 CEST 2014