Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Functions > Libraries > lib

lib

ライブラリ定義

呼出し手順

namelib = lib('lib-dir')

引数

lib-dir

文字列

namelib

'lib'により返されるライブラリ変数.

説明

lib-dirは, コンパイル済みのScilab関数(.bin)ファイルを 含むディレクトリを定義する文字列です.

これらのファイルに加えて,lib-dir には, lib-dirで定義された関数の名前を保持する namesという名前のファイルがある必要があります. 処理が成功すると, lib-dir の中の全ての関数が Scilabから利用可能になります. これらの関数は最初にコールされた時にオンデマンドでロードされます.

バイナリファイルは Scilab上でコマンドsave により作成できます. ライブラリ変数は,通常, オンラインまたはユーザ指定のスタートアップファイル(startup参照) のどちらかにより,後でロードするために保存されます.

このライブラリのマクロ関数にアクセスするには, 'lib'により返された値を変数'namelib'に挿入する必要があります.

制限

Scilab は, 各ファイル xxxx.bin がxxxxという名前の 変数を定義するものと暗黙の内にに仮定します.

//いくつかの関数を定義
function z=myplus(x, y)
  z = x + y
endfunction

function z=yourplus(x, y)
  x = x - y
endfunction

//*.bin ファイルを libdirに作成
libdir = TMPDIR;
save(libdir + '/myplus.bin', myplus);
save(libdir + '/yourplus.bin', yourplus);

//nameファイルを作成
mputl(['myplus';'yourplus'],TMPDIR+'/names');

//myplus およびyourplusを含むライブラリを構築
mylibfoo = lib(libdir+'/');

//変数を消去
clear myplus yourplus

//自動的にロードし,実行
myplus(1,2)

//変数を消去
clear myplus yourplus

mylibfoo
[n,p] = libraryinfo('mylibfoo')

isdef('myplus')
clear mylibfoo
isdef('myplus')

参照

  • library — ライブラリのデータ型の説明
  • genlib — 指定したディレクトリの関数からライブラリを構築する
  • save — バイナリファイルに1個または複数の変数を保存する
  • deff — 関数のオンライン定義
  • exec — スクリプトファイルを実行する
  • whereis — 関数が属するライブラリの名前
  • libraryinfo — マクロとscilabライブラリのパスを取得
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:35 CEST 2014