Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > H5 Objects

H5 Objects

種々のH5オブジェクトのプロパティを説明

説明

H5オブジェクトはアクセス可能なプロパティを有します. 全てのプロパティ名は,大文字小文字を区別します(パス名およびオブジェクト名を 除きます).

H5ファイル

以下のプロパティにアクセス可能です:

  • name: ファイル名;

  • size: ファイルの大きさ;

  • version: HDF5ライブラリのバージョン;

  • root: ルートグループ "/".

フィールド名が'/'で始まる場合, パスとみなされ, 戻り値はこのパスに対応するH5オブジェクトとなります.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
// aはファイル
h5isFile(a)
// プロパティにアクセス
a.name, a.size, a.version, a.root
// データセットxをオープン
a("/x")
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5グループ

以下のプロパティがアクセス可能:

  • attributes: 属性名;

  • groups: サブグループ名;

  • datasets: データセット名;

  • types: 型名;

  • externals: 外部リンク名;

  • softs: ソフトリンク名;

  • danglings: ダングリングリンク名;

  • hards: ハードリンク名;

  • links: リンク名と型;

  • name: グループ名;

  • path: グループのパス.

フィールド名が過去のリストにない場合, 他のH5オブジェクトへのローカルパスとみなされます.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
root = a.root;
// rootはグループ
h5isGroup(root)
// プロパティにアクセス
root.name, root.path, root.datasets, root.attributes
// データセットxをオープン
dset_x = root.x
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5 Dataset

以下のプロパティにアクセス可能です:

  • attributes: 属性名;

  • type: データセット型;

  • dataspace: データセット空間;

  • data: データセットデータ;

  • name: グループ名;

  • path: グループパス.

フィールド名が過去のリストに存在しない場合, 属性名とみなされます.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
dset_x = a.root.x;
// dset_x がデータセットです
h5isSet(dset_x)
// プロパティにアクセス
dset_x.attributes, dset_x.type, dset_x.dataspace, dset_x.data
// 属性xをオープン
attr_x = dset_x.SCILAB_Class
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5データスペース

以下のプロパティにアクセスできます:

  • dims: データスペースの次元;

  • extents: データスペースの最大次元;

  • type: データスペースの型: "scalar", "simple" または "null";

  • name: 親の名前.

  • path: 親のパス.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
dspace_x = a.root.x.dataspace;
// dspace_x はスペース
h5isSpace(dspace_x)
// プロパティにアクセス
dspace_x.dims, dspace_x.extents, dspace_x.type
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5属性

以下のプロパティにアクセス可能です:

  • type: 属性の型;

  • dataspace: 属性のデータスペース;

  • data: 属性データ;

  • name: 属性名.

  • path: 親のパス.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
attr_x = a.root.x.SCILAB_Class;
// attr_x は属性
h5isAttr(attr_x)
// プロパティにアクセス
attr_x.type, attr_x.dataspace, attr_x.data
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5型

以下のプロパティにアクセス可能です:

  • class: 型のクラス;

  • type: 型名;

  • size: 大きさ(単位:バイト);

  • nativetype: この型に関連するネーティブ型;

  • nativesize: ネーティブ型の大きさ.

  • name: 親の名前.

  • path: 親のパス.

x = [1 2;3 4];
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
type_x = a.root.x.type;
// type_x は型
h5isType(type_x)
// プロパティにアクセス
type_x.class, type_x.type, type_x.size, type_x.nativetype, type_x.nativesize, 
// 全リソースを解放
h5close(a);

H5リファレンス

H5リファレンスオブジェクトは,各要素がH5オブジェクトへのリファレンスであるハイパー行列オブジェクト をラップします.

x = list([1 2;3 4], "Hello", uint32(123));
save(TMPDIR + "/x.sod", "x");
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");
dims_x = a.root.x.dataspace.dims
ref_x = a.root.x.data;
// ref_x はリファレンス
h5isRef(ref_x)
// 3個の要素を取得
x1 = ref_x(1), x2 = ref_x(2), x3 = ref_x(3) 
// データを取得
x1.data, x2.data, x3.data
// 全リソース解放
h5close(a);

参照

  • h5attr — 属性を作成する
  • h5close — HDF5オブジェクトを閉じる
  • h5cp — オブジェクトをコピーする
  • h5dataset — データセットを作成し, データを書き込む
  • h5dump — H5オブジェクトの内容を標準出力ストリームにダンプ
  • h5exists — 指定した名前のオブジェクトが存在するかどうかを確認
  • h5flush — ファイルに関連するバッファを全てフラッシュする
  • h5get — 指定した名前のオブジェクトを取得
  • h5group — グループを作成
  • h5isAttr — HDF5オブジェクトが属性かどうか確認
  • h5isFile — HDF5オブジェクトがファイルかどうか確認
  • h5isGroup — HDF5オブジェクトがグループオブジェクトかどうか確認
  • h5isRef — HDF5オブジェクトがリファレンスオブジェクトかどうか確認
  • h5isSet — HDF5オブジェクトがデータセットかどうか確認
  • h5isSpace — HDF5オブジェクトがデータスペースかどうか確認
  • h5isType — HDF5オブジェクトが型かどうか確認
  • h5label — データセットに名前を付ける
  • h5ln — オブジェクトを他のオブジェクトにリンクする
  • h5ls — HDF5オブジェクト (グループまたはデータセット)の内容の一覧を得る
  • h5mount — グループにファイルをマウントする
  • h5mv — オブジェクトを移動
  • h5open — HDF5ファイルをオープン
  • h5read — HDF5属性のデータを読み込む
  • h5rm — HDF5ファイルから要素を削除
  • h5umount — マウントされたファイルのマウント解除する.
  • h5write — データセットを作成(存在しない場合)し, データを書き込む
  • h5writeattr — グループまたはデータセット内に属性を書き込む

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:25 CEST 2014