Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Graphics > axes_operations > replot

replot

カレントのグラフィックウインドウを新しい境界に 再描画

呼び出し手順

replot(area)
replot(area, axesHandles)

引数

area

大きさ 4の行ベクトル.

axesHandles

オプションの引数. 一つまたは複数のAxesを選択するための Axes型のグラフィックハンドル.

説明

replot はカレントのグラフィックウインドウの内容を area = [xmin,ymin, xmax,ymax]のかのarea = [xmin,ymin,zmin, xmax,ymax,zmax]で定義した新しい境界内に 再描画する際に使用されます.

この変換はaxesHandles引数でAxesグラフィックハンドルにより指定された特定の軸に 適用されます. 新しい境界はカレントの図のカレントの軸に適用されます. 変換はこれらの軸のdata_boundsの値を変更します. axesのプロパティ

tight_limitsも これらの境界を厳密に選択するために "on" に設定する必要があります
( axes_propertiesを参照ください).

// 最初の例
x=[0:0.1:2*%pi]';
plot2d(x,sin(x)) 
replot([-1,-1,10,2])
// 二番目の例
xdel(winsid());
plot() // plot demo
f=gcf();
replot([-1,-1,10,2],f.children(1)) // axesハンドルの値を指定
replot([-3,-2,8,4],f.children(2))
//値は%nanで示さ端子は変更されません。
x = linspace(0,360,200).';
clf
plot2d(x,[sind(x) tand(x)])
ax = gca();
ax.data_bounds                // 初期限界
replot([%nan,-10,%nan,10])    // YminとYmaxのだけ変更され
ax.data_bounds                // 新しい制限
// 3D端末Zも変更できます。
clf
x = linspace(-4,4,100);
X = meshgrid(x);
R = (X-0.5).^2 + (X.'+0.7).^2;
Z = sinc(R);
surf(x-0.5,x+0.7,Z)
f = gcf();
f.color_map = autumncolormap(100);
ax = gca();
ax.data_bounds
sleep(3000)
replot([-5 0 -0.4 0 5 0.5])
ax.data_bounds
// いくつかのグラフィカルなマーカーを同時にトリミングすることができます。
clf
x = linspace(-%pi,%pi,400);
subplot(2,2,1)
plot2d(x,sin(1 ./sqrt(abs(x))))
ax1 = gca();
subplot(2,2,2)
plot2d(x,sinh(sqrt(abs(x))))
subplot(2,1,2)
plot2d(x,cos(1 ./sqrt(abs(x))))
ax2 = gca();
sleep(4000)
f = gcf();
replot([-1 %nan 1.5 %nan], [ax1 ax2])

参照

  • zoom_rect — カレントのグラフィック図の選択した部分をズーム
  • rubberbox — 矩形選択用の輪ゴムボックス
  • axes_properties — axesエンティティプロパティの説明

歴史的

バージョン記述
5.5.0
  • 3Dへの拡張

  • いくつかのグラフィック主催者は、今、同時にサイズを変更することができます

  • %nanであるように、結合を維持するために使用することができる。

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Fri Apr 11 14:18:58 CEST 2014