Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5read

h5read

HDF5データセットのデータを読み込む

呼び出し手順

h5read(obj [, name, [, start, count [, stride [, block]]]])

h5read(filename, name [, start, count [, stride [, block]])

引数

obj

H5Object

name

新規データセットへのパスを指定する文字列

start

hyperslabのstartを保持するdouble行ベクトル

count

hyperslabのcountを保持するdouble行ベクトル

stride

hyperslabのstrideを保持するdouble行ベクトル

block

>hyperslabのblockを保持するdouble行ベクトル

filename

ファイル名を指定する文字列

説明

オプションのhyperslabセレクションに基づきデータセットの内容を読み込みます.

データにhyperslabセレクションを作成できます.

引数 start, count, stride および block の大きさはデータの次元数と等しい必要があります:

  • start: セレクションを開始するデータ内の座標を指定.
  • count: 各次元における選択されたブロックの数を指定.
  • stride: 各次元において連続した2つのブロックの間のシフト量を指定します. strideは対応するブロックの次元より大きくする必要があることに注意してください.
  • block: ブロックの次元を指定.

各次元において,stride および block はデフォルトで 1に設定されています.

x = int8(matrix(1:80, 10, 8));
save(TMPDIR + "/x.sod", "x"); // SODファイルはHDF5ファイル

// 作成したファイルをオープン
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");

// データセット 'x'からデータを読み込む
dx = h5read(a, "/x")

// ここで,一部を選択
dx1 = h5read(a, "/x", [3 4], [5 3])

// ...これは以下と等価
dx(3:(3+5-1),4:(4+3-1))

// 処理を完了し, 全リソースを解放
h5close(a);

参照

  • h5readattr — HDF5属性のデータを読み込む
  • h5write — データセットを作成(存在しない場合)し, データを書き込む
  • h5dataset — データセットを作成し, データを書き込む

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Fri Apr 11 14:18:58 CEST 2014