Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> HDF5 Management > h5attr

h5attr

属性を作成する

呼び出し手順

h5attr(obj, location, name, data [, targetType])

h5attr(filename, location, name, data [, targetType])

引数

obj

H5Object

location

オブジェクト内またはファイル内の位置を指定する文字列

name

新規データセットへのパスを指定する文字列

data

Scilabデータ

targetType

ターゲットの型を指定する文字列

filename

ファイル名を指定する文字列

説明

引数としてScilabデータに基づき新規に属性を作成します.

ターゲットのHDF5型は, HDF5マニュアルで利用可能なリストの中から選択できます. このHDF5型の例は"H5T_MIPS_U32" または "H5T_STD_B64BE"ですが, "MIPS_U32" または "STD_B64BE" のような短縮形も使用可能です.

属性をグループ内またはデータセット内に配置することが可能です.

x = 1:5 + %pi;
save(TMPDIR + "/x.sod", "x"); // SODファイルはHDF5ファイルです

// ファイルをオープン
a = h5open(TMPDIR + "/x.sod");

// ルート要素に属性を追加
h5attr(a, ".", "My Attribute", int8(123));

// 確認
h5dump(a)

// ...または
a.root("My Attribute").data

// データセットに"x"という名前の属性を追加
h5attr(a, "/x", "My Dataset Attribute", int16(321));

// 確認
h5dump(a.root.x)

// 完了し,リソースを全て解放
h5close(a);

参照

履歴

バージョン記述
5.5.0 HDF5モジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Fri Apr 11 14:18:58 CEST 2014