Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.4.1 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> GUI > gcbo

gcbo

コールバックを実行中のオブジェクトのハンドル

呼び出し手順

gcbo

説明

gcbo はコールバック実行時に自動的に 作成されるScilab変数です. この変数は getcallbackobjectにより 初期化されます.

コールバックが実行中でない場合,Scilab環境に gcbo は存在しません.

複数のオブジェクト用に単一のコールバックを作成する際, ユーザのアクションを受信したオブジェクトを知るために, コールバック関数でgcboを使用できます.

参照

  • getcallbackobject — コールバックを実行中のオブジェクトのハンドルを返す.
Report an issue
<< findobj GUI getcallbackobject >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Apr 02 17:37:34 CEST 2013