Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> XML Management > xmlRead

xmlRead

ローカルまたはリモートファイルからXMLストリームを読み込む

呼び出し手順

doc = xmlRead(path [, validateDTD])

引数

path

文字列, 読み込むファイルのパス.

validateDTD

文書を検証するべきかどうかを示す論理値.

doc

XMLDoc型のmlist

説明

XMLファイルを読み込んでパースします. 返される文書によりメモリに保持されるDOMツリーにアクセス可能です.

validateDTDにtrueが指定された場合, 文書は検証され,失敗するとパース処理は行われません.

(メモリリークを避けるために) xmlDelete関数により ツリーを開放する必要があることに注意してください.

doc = xmlRead("http://www.w3.org/TR/2009/REC-xml-names-20091208/xml-names-10-3e.xml");
e = doc.root.children(1).children(1)
e.name
e.content
xmlDump(e)

// 'href'属性を有するノードを全て取得できます
q = xmlXPath(doc, "//*[@href]");
q(1).attributes.href

// 文書を削除します
xmlDelete(doc);

参照

  • xmlReadStr — 文字列からXMLツリーを読み込む
  • xmlGetOpenDocs — オープンされたXML文書またはXML検証ファイルを全て取得する.
  • xmlDelete — XML文書を削除
  • xmlDocument — XML文書を新規に作成
  • xmlXPath — XML文書にXPathクエリを作成する
  • xmlValidate — DTD, Relax NG または Schema により文書を検証する.

履歴

VersionDescription
5.4.0 XMLモジュールが導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012