Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > text > xlfont

xlfont

グラフィックコンテキストにフォントをロードする またはロード済みのフォントを検索する

呼び出し手順

xlfont(font-name)
xlfont(font-filename)
xlfont('reset')
xlfont(font-name,font-id)
xlfont(font-filename,font-id)
xlfont(font-name,font-id,bold)
xlfont(font-name,font-id,bold,italic)
fonts=xlfont('AVAILABLE_FONTS')
fonts=xlfont()

パラメータ

font-name

文字列, フォントファミリの名前.

font-filename

文字列,true typeフォントのファイル名.

font-id

整数 >= 0 .

fonts

フォント名の列ベクトル.

bold

ボールド体の場合,論理値 %t

italic

イタリック体の場合,論理値 %t

説明

引数を指定しない場合, xlfont() は ロード済みのフォントの一覧を返します.

xlfont('AVAILABLE_FONTS') はシステムで利用可能なフォントの一覧を返します.

xlfont('reset') はフォントの一覧の初期インデックスをリセットします.

引数を指定する時, xlfontは新規のフォントを異なる大きさでグラフィック コンテキストにロードする際に使用されます.

デフォルトのファミリのフォントは "Monospaced" (0), "Symbol" (1), "Serif" (2), "Serif Italic" (3), "Serif Bold" (4), "Serif Bold Italic" (5), "SansSerif" (6), "SansSerif Italic" (7), "SansSerif Bold" (8), "SansSerif Bold Italic" (9) です. これらのデフォルトのフォントは必要に応じて自動的にロードされます. このため,xlfont はこれらのフォントには必要ありません. 実際, xlfont は新しいフォントをロードする際には特に有用です.

xlfont('reset');
xlfont()

// 注意 : この例はMonospacedフォントを有さないシステムでは動作しない可能性があります.
xlfont("Monospaced",10,%t,%t);
xstring(1,0,'A title');
figure_entity = gcf();
axes_entity = figure_entity.children;
title_entity = axes_entity.children;
title_entity.font_style = 10;

xlfont('reset');

参照

  • getfont — フォント選択用のダイアログ.廃止された関数.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012