Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Statistics > Descriptive Statistics > variance

variance

ベクトルまたは行列の値の分散

呼び出し手順

s=variance(x[,orien[,w]])
s=variance(x,'r') or m=variance(x,1)
s=variance(x,'c') or m=variance(x,2)

パラメータ

x

実数または複素数のベクトルまたは行列

orien

計算の向き.orienパタメータの有効な値は, 1, "r", 2および"c"です.

w

w : 使用する正規化の手法. 有効な値は0および1. これはxの列の数(orien=1が選択された場合)または 行の数(orien=2が選択された場合)に依存します. w = 0 の場合,m-1で正規化され,分散の最適な非バイアス推定器が出力されます(これがデフォルト). w = 1 の場合, m で正規化され,平均周りの二次モーメントが出力されます. orienオプションが指定されない場合, n*m-1により正規化が行われます.ただし,n*mは行列における全要素数です.

説明

この関数は,ベクトルまたは行列xの値の分散を計算します.

あるベクトルまたは行列xについて, s=variance(x) は,スカラーsxの全てのエントリの分散を返します.

s=variance(x,'r') (または等価な, s=variance(x,1)) は行方向の分散です. この場合,行ベクトルsの各エントリにxの各列の分散が返されます. 複素数値を管理するよう一般化された式が使用されます.

s=variance(x,'c') (または等価な,s=variance(x,2)) は列方向の分散です. この場合,列ベクトルsの各エントリに xの各行の分散を返します. 複素数値を管理するよう一般化された式が使用されます.

x=[0.2113249 0.0002211 0.6653811;0.7560439 0.4453586 0.6283918]
s=variance(x)
s=variance(x,'r')
s=variance(x,'c')

参照

  • mtlb_var — Matlab var emulation function

参考文献

Wonacott, T.H. & Wonacott, R.J.; Introductory Statistics, fifth edition, J.Wiley & Sons, 1990.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:31 CEST 2012