Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Differential Equations, Integration > odeoptions

odeoptions

ODEソルバのオプションを設定する

呼び出し手順

odeoptions()

説明

この関数はODEソルバに様々なオプションを設定する コマンドを対話的に表示します. グローバル変数 %ODEOPTIONS はオプションを設定します.

注意: ode 関数は, この変数が存在するかどうかを調べ,存在する場合には これを使用します. デフォルト値を使用するには,この変数を消去してください. odeoptions はこの変数を作成しないことに 注意してください. この変数を作成するには, odeoptionsで表示されたコマンドライン を実行する必要があります.

変数 %ODEOPTIONS は以下の要素を 有するベクトルです:

[itask,tcrit,h0,hmax,hmin,jactyp,mxstep,maxordn,maxords,ixpr,ml,mu]

デフォルト値は以下となります:

[1,0,0,%inf,0,2,500,12,5,0,-1,-1]

要素の意味を以下に示します.

itask 1 : 指定した時間で通常の計算を行います 2 : (odeの出力の最初行で指定した) メッシュ点で計算 3 : 1内部メッシュ点で1ステップ進め,戻る 4 : オーバーシュートtcritなしに通常の計算を行う 5 : tcritを渡すことなく,1ステップ進め,戻る

tcrit は, 上記のように itask が 4 または 5であると仮定します

h0 最初に試すステップ

hmax ステップの最大値

hmin ステップの最小値

jactype 0 : 関数反復, ヤコビアンを用いない ("adams" または "stiff" のみ) 1 : ユーザ提供の完全なヤコビアン 2 : 内部的に生成した完全なヤコビアン 3 : 内部的に生成した対角ヤコビアン ("adams" または "stiff" のみ) 4 : ユーザが提供したバンド行列のヤコビアン (以下の ml および mu 参照) 5 : 内部生成されたバンド行列のヤコビアン (以下の ml および mu 参照)

maxordn は非スティッフの最大次数で, 最大 12です.

maxords はスティッフの最大次数で, 最大5です.

ixpr は出力レベルで, 0 または 1です.

ml,mujactype が 4 または 5の場合, ml および mu はバンド行列のヤコビアンの 上部および下部の半分のバンド幅です: バンドはi-ml <= j <= ny-1となる i,jです. jactype が 4に等しい場合,ヤコビアン関数は ml+mu+1 x ny 次(ただしは ny=yの次元 , ydot=f(t,y))の行列 J を返す必要があります. Jの1列目は mu 個のゼロの後に df1/dy1, df2/dy1, df3/dy1, ... (1+ml個のゼロでないエントリ)が続きます. 2列目は, mu-1個のゼロの後にdf1/dx2, df2/dx2, などが続きます.

参照

  • ode — 常微分方程式ソルバ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:22 CEST 2012