Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Statistics > Data with Missing Values > nand2mean

nand2mean

2組の独立した標本の平均の差

呼び出し手順

[dif]=nand2mean(sample1,sample2)
[dif]=nand2mean(sample1,sample2,conf)

パラメータ

sample1

実数または複素数のベクトルまたは行列

sample2

実数または複素数のベクトルまたは行列

conf

0 と 1の間の実数スカラー

説明

この関数は,2組の独立した標本 (配列sample1 および sample2)の平均の差 の推定値(dif(1))を計算します.また, 指定した信頼度を有するdifのばらつきの範囲の半分の大きさを 出力します(dif(2)). 確率関数としての正規分布またはt分布の選択は, sample1およびsample2の大きさに依存しています. ここでは,両方の母集団の潜在的分散は同じであると仮定します. NaN値は無視されます.

Labostatでは, NaN値は表の中の欠損値を意味します.

信頼度パラメータが指定されない場合,信頼度レベル 95% が仮定されます.

参考文献

Wonacott, T.H. & Wonacott, R.J.; Introductory Statistics, 5th edition, J.Wiley & Sons, 1990.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:31 CEST 2012