Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Statistics > Data with Missing Values > nancumsum

nancumsum

行列の値の累積合計

呼び出し手順

s = nancumsum(x,orient)

パラメータ

x

x は数値ベクトルまたは行列です.

orient

オプションのパラメータで, 指定可能な値は '*', 1, 2, 'r' または 'c'.

s

数値スカラーまたはベクトル. NaNを無視したxの値の累積合計を含みます.

説明

この関数はスカラーまたはベクトルsに ベクトルまたは行列(実数または複素数)xの (NaNを無視した)値の累積合計を返します.

この関数は,あるベクトルまたは行列xについて, s=nancumsum(x) (または等価な s=nancumsum(x,'*')) は, スカラー sに xの列方向に取得した全てのエントリの (NaNを無視した)累積合計を返します.

s=nancumsum(x,'r') (または等価な s=nancumsum(x,1)) は,大きさ cols(x) のベクトルsに x の行の(NaNを無視した)累積合計を返します: s(:,i)=nancumsum(x(:,i))

s=nancumsum(x,'c') (または等価な s=nancumsum(x,2)) は,大きさ rows(x) のベクトルsに xの列の(NaNを無視した)累積合計を返します: s(i,:)=nancumsum(x(i,:))

最後の2つのケースにおいて, ある行または列が全てNaNから構成される場合, sの対応する位置はNaNとなります.

a=[1 2 3;4 5 6]
s=nancumsum(a)
s=nancumsum(a,'r')
s=nancumsum(a,'c')

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:31 CEST 2012