Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > handle > glue

glue

一連のグラフィックエンティティをCompoundに結合する.

呼び出し手順

glue(H)
h_agreg=glue(H)

パラメータ

H

ハンドルのベクトル

h_agreg

ハンドル, Compoundエンティティのハンドル.

説明

ハンドルのベクトルを指定すると,この関数は 対応するエンティティを一つのCompoundに結合し, この新たに作成されたエンティティのハンドルを返します.

scf(1);
plot2d(0,0,-1,"010"," ",[-2,-2,2,2]);
xrect(-1,1,2,2);
xarc(-0.5,0.5,2,2,0,360*64);
a=gca();
r=a.children(1);
c=a.children(2);
nc=glue([r,c]);
// a.children(1) and nc now both correspond to the
// newly created compound object,
a.children(1)
// which is then translated.
move(nc,[-1,-0.5]);

参照

  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • move — グラフィックエンティティおよびその子を移動, 変換する
  • unglue — 結合されたオブジェクトを分解し,個々の子で置換する.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:35 CEST 2012