Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics : exporting and printing > driver

driver

グラフィックドライバを選択する

呼び出し手順

driver(driver_name)
current_driver=driver()

パラメータ

driver_name

文字列, 選択するドライバ.

説明

この関数はグラフィックドライバを選択する際に使用されます. 引数を指定しない場合にはカレントのグラフィックドライバ名を 取得します. 選択するドライバは以下のどれかとすることができます:

"X11"

コンピュータ画面に出力.

"Pos"

ポストスクリプト形式で出力.

"Rec"

コンピュータ画面に出力. X11と同じ.

"Fig"

XFig形式で出力.

"GIF"

Gif形式で出力.

"PPM"

PPM形式で出力.

注意

"GIF" または "PPM" ファイルを他の画像形式に変換したり, アニメーションを構築する場合, ImageMagic (http://www.imagemagick.org/)の "convert"プログラムを使用することができます.

グラフィック出力を(カレントのディレクトリに書きこまれる)GIFファイルにリダイレクトするには, 以下の例の様にします:

driver('GIF');
xinit('mygiffile.gif');
plot3d();
xend();
driver('X11');

例えば,img*.gifという名前の一連のGifファイルを 生成した場合, アニメーションGifファイル(名前:anim.gif)を以下のように構築することが できます

convert -delay 10  img*.gif anim.gif
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012