Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > geometric_shapes > arc_properties

arc_properties

arc (弧)エンティティプロパティの説明

説明

Arc (弧)エンティティはグラフィックエンティティの階層の一部です. このエンティティは楕円,楕円の一部および 塗りつぶした楕円のパラメータを定義します.

parent:

このフィールドは親のハンドルを含みます. arcエンティティの親は "Axes" または "Compound" 型である 必要があります.

children:

このプロパティは,ハンドルのchildren を有するベクトルを含みます. しかし,arcハンドルは現在 childrenを有していません.

thickness:

このプロパティはピクセル単位で線幅を指定する 正の実数です. 表示される幅は指定された幅を最も近い整数に丸めることにより 定義されます. 唯一の例外は,整数のthicknessの値が指定された ベクトルのエキスポートです.

line_style:

line_style プロパティの値は [0 8]の整数である 必要があります. 0 および 1 は実線, その他の値は 破線の選択を意味します(getlinestyle参照).

line_mode:

このプロパティにより弧を表現する線の 表示の有無を指定できます. 値は, "on" または "off"とする必要があります.

fill_mode:

fill_mode プロパティの値が "on"の場合, 弧は background色で塗りつぶされます.

foreground:

このフィールドは, arc の外側の描画に使用される デフォルトのforeground プロパティの値を含みます. (カレントの色マップに関連する)色の添字である必要があります.

background:

このフィールドは 弧を塗りつぶす際に使用される色を含みます. (カレントの色マップに関連する)色の添字である必要があります.

data:

このプロパティは,包含する長方形の左上の座標, そして幅と高さを扇形の境界角と共に返すためのものです. これは,ユーザ座標 [xleft,yup,[zup],width,height,a1,a2]の 行列です. ただし, a1 および a2は 扇形の境界角(単位:度)です.

警告: バージョン 4.1.2 までのScilabでは, a1 および a2は 度/64で指定されていました.

visible:

このフィールドには,エンティティのプロパティ値 visibleが含まれます. "on" または "off"のどちらかである必要があります. "on"の場合その弧が描画され, "off" の場合,弧は画面に表示されません.

arc_drawing_method:

このフィールドは arc を描画する際に使用される離散化 の種類を制御します. 値は, "nurbs" または "lines"のどちらかとする必要があります. "nurbs"が選択された場合, 弧は nurbs (Non-Uniform Rational B-Spline) 曲線/曲面により 描画されます. この結果,視点によらず完全な楕円が表示されます. "lines"が選択された場合, 弧は一定の数の直線で近似されます. これにより描画時間は減少しますが, 拡大すると鋭角的なエッジが現れる可能性があります. "lines"の使用は推奨されておらず, "nurbs"を使用した際にフレームレートが 失われる場合のみ使用するべきです.

clip_state:

このフィールドには弧の clip_state プロパティ が含まれます. clip_state の値は次のようになります :

  • "off" : 弧がクリップされないことを意味します.

  • "clipgrf" : axesボックスの外側にある弧クリップされることを意味します.

  • "on" : 適当なclip_box により指定された弧の外側の弧が クリップされることを意味します.

clip_box:

このフィールドはclip_boxプロパティを定義します. clip_state が"off"の場合,デフォルトでこの値は空の行列となっています. その他の場合,ベクトル [x,y,w,h] (左上の点,幅,高さ) は,弧を表示する範囲を定義します. しかし,clip_stateプロパティの値は 変更されます.

user_data:

弧のデータ構造に任意のScilab変数を保存し,再度取得する ためにこのフィールドを使用できます.

a=get("current_axes");//新規に作成した軸のハンドルを取得
a.data_bounds=[-2,-2;2,2];

xarc(-1.5,1.5,3,3,0,360*64)

arc=get("hdl"); //カレントのエンティティのハンドルを取得 (ここではarcエンティティ)
arc.fill_mode="on";
arc.foreground=5;
arc.data(:,[3 6])=[2 270*64];  
xfarc(-.5,1,.4,.6,0,360*64);
arc.visible="off";

参照

  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • delete — グラフィックエンティティとその子を削除.
  • xarc — 楕円の一部を描画する
  • xarcs — 楕円の集合の一部を描画する
  • xfarc — 楕円の一部を塗りつぶす
  • xfarcs — 楕円の集合の一部を塗りつぶす
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:35 CEST 2012