Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > annotation > legend

legend

グラフの凡例を描画する

呼び出し手順

hl=legend([h,] string1,string2, ... [,pos] [,boxed])
hl=legend([h,] strings [,pos] [,boxed])

パラメータ

h

軸エンティティのグラフィックハンドルまたは ポリラインエンティティのハンドルを表すベクトル. デフォルト値はcurrent_axesの ハンドルとなります.

string1,string2, ...

文字列 stringsi は i番目の曲線の凡例となります.

Scilab 5.2 以降, LaTeX または MathML 式を記述することが可能です.

strings

文字列のベクトルで,strings(i)はi番目の曲線の凡例となります.

Scilab 5.2 以降, LaTeX または MathML 式を記述することが可能です.

pos

(オプション) 凡例を描画する場所を指定; このパラメータには整数フラグ(または等価な文字列フラグ)または 凡例ボックスの左上隅の座標を指定するベクトル [x,y]のどれかを指定します. 最初のケースの場合,指定可能な値は次のようになります

1

凡例は右上隅に描画されます(デフォルト).

2

凡例は左上隅に描画されます.

3

凡例は左下隅に描画されます.

4

凡例は右下隅に描画されます.

5

マウスにより対話的に配置.

-1

凡例は右上隅の右に描画されます.

-2

凡例は左上隅の左に描画されます.

-3

凡例は左下隅の左に描画されます.

-4

凡例は右下隅の右に描画されます.

-5

凡例は左上隅の上に描画されます.

-6

凡例は左下隅の下に描画されます.

boxed

論理値(デフォルト: %t)で,ボックスの描画の有無を指定します.

hl

ハンドルで, 全ての凡例を含む複合要素(compound)を指いします.

説明

ラベルとして指定された文字列を用いてカレントのプロットに凡例を出力します. 凡例の前には対応する線またはパッチに付随する記号が付加されます. この記号の形状やプロパティは指定したハンドルから取得されます:

ハンドル引数を指定せずにコールされた場合(もしくは軸エンティティの ハンドルが指定された場合),この関数はまず指定した軸の子であるポリラインの ハンドルからなるベクトルを構築します.

対話的な配置モード (opt=5) においては, マウスで凡例ボックスを 移動し, 離す際には左ボタンを押します.

t=linspace(0,%pi,20);
a=gca();a.data_bounds=[t(1) -1.8;t($) 1.8];

plot2d(t,[cos(t'),cos(2*t'),cos(3*t')],[-5,2 3]);  
e=gce();
e1=e.children(1);e1.thickness=2;e1.polyline_style=4;e1.arrow_size_factor = 1/2;
e.children(2).line_style=4;
e3=e.children(3);e3.line_mode='on';e3.mark_background=5;

hl=legend(['cos(t)';'cos(2*t)';'cos(3*t)']);

参照

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu May 12 11:45:56 CEST 2011