Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Xcos > Batch functions > scicos_simulate

scicos_simulate

シミュレーションをバッチモードで実行する関数

呼び出し手順

Info=scicos_simulate(scs_m,Info[,%scicos_context][,flag])

モジュール

説明

この関数はバッチモードで xcos ダイアグラムをシミュレートする際に使用されます. この関数は,.cosファイルをScilabにロードする(例: load mydiagram.cos)ことにより得られる scs_m 構造体を必要とします .

関数とは逆に,保存前にダイアグラムをコンパイルしておく必要はありません.

Info=scicos_simulate(scs_m,Info[,%scicos_context][,flag])

パラメータ

  • scs_m :("load file.cos"により得られた) xcos ダイアグラム. file.cos のバージョンがカレントのバージョンと同じである必要があることに 注意してください. そうでない場合, xcos にロードし,保存してください.

  • Info : リスト. 最初のコールでは list() を指定し, 次のコールのためのInfo入力としてInfo出力を使用します. Infoにはコンパイルおよびシミュレーション関連情報が含まれ, 不要な再コンパイルを避けるために使用されます.

  • %scicos_context : コンテキストおよびxcosブロックで使用される変数の値を有するScilab 構造体. これは,しばしば,ダイアグラムコンテキストでパラメータを変更する際に使用されます. このような場合,ダイアグラムコンテキストにおいてこの 変数が定義され,変更可能であることに注意してください. 例えば,ある"a"がコンテキストで値が1と定義され,後でバッチモードでこの"a"の値を変更したいと しましょう.この場合,ダイアグラム空間のコンテキストで以下が実行されます: if exists('a') then a=1,end この後, a=2 として,バッチモードでシミュレーションを実行したい場合, set: %scicos_context.a=2

  • flag : 文字列. 'nw' (no window)の場合, グラフィックウインドウを使用するブロックは実行されません. このようなブロックの一覧は新規ブロックが追加される時に更新されることに注意してください.

  • Info : コンパイルおよびシミュレーション関連の情報を有し, 不必要な再コンパイルを避けるために使用されます. 通常,修正は不要です.

ファイルの内容

  • SCI/modules/scicos/macros/scicos_auto/scicos_simulate.sci

作者

Ramine Nikoukhah - INRIA

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011