Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Xcos > Batch functions > lincos

lincos

xcosダイアグラムにより記述された一般的な動的システムから 線形化により定義された線形状態空間モデル

呼び出し手順

sys= lincos(scs_m [,x0,u0 [,param] ])

モジュール

説明

xcosダイアグラムで指定されたモデルを線形化することにより 線形状態空間システムを構築します.

出力は,連続時間状態空間線形システム型のScilabデータ構造体です.

sys= lincos(scs_m [,x0,u0 [,param] ])

パラメータ

  • scs_m :xcosデータ構造体

  • x0 : 列ベクトル.連続時間状態変数で, この近傍で線形化が行われます (デフォルト: 0)

  • u0 : 列ベクトル. 入力で,この近傍で線形化が行われます (デフォルト: 0)

  • param : param: 2つの要素を有するリスト (デフォルト: list(1.d-6,0)). param(1): スカラー. 線形化用の擾乱の大きさ; 以下の変動が使用されます del([x;u])_i = param(1)+param(1)*1d-4*abs([x;u])_i. param(2): スカラー. 時刻 t.

  • sys : 状態空間システム

ファイルの内容

  • SCI/modules/scicos/macros/scicos_auto/lincos.sci

作者

Ramine Nikoukhah - INRIA

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011