Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Interpolation > interp1

interp1

一次元補間関数

呼び出し手順

[yp]=interp1(x, y,xp [, method,[extrapolation]])

パラメータ

xp

実数スカラー, ベクトルまたは行列 (またはハイパー行列)

x

実数ベクトル

method

(オプションの) 補間方法を定義する文字列

extrapolation

(オプションの) 文字列, または領域 [x1,xn] の外側の xp(j)の値について yp(j) の要素を定義する実数値.

yp

ベクトルまたは行列 (またはハイパー行列)

説明

(x,y,xp)を指定すると, この関数は xp に対応する yp の要素を x および y により定義された (デフォルトでは線形)補間により計算します.

yp がベクトルの場合, xp の長さは yp の長さに等しくなります. yp が行列の場合, xp は yp の各列の長さと同じ長さとなります. yp がハイパー行列の場合, xp の長さはyp の最初の次元と同じ になります.

size(y)=[C,M1,M2,M3,...,Mj] かつ size(xp)=[N1,N2,N3,...,Nk] の場合, size(yp)=[N1,N2,..,Nk,M1,M2,...Mj] となり, x の長さは size(y,1) に等しくなります.

method パラメータは補間の計算手法を設定します.

"linear"

補間は線形手法により定義されます ( interpln参照)

"spline"

補間は3次スプライン補間により定義されます ( splin , interp参照)

"nearest"

各 xp(j), yp(j) の値は, xp(j)の最近傍にある x(i) に対応する y(i) の値を選択します.

extrapolation パラメータは捕外用,すなわち xp(i) が領域[x1,xn]内にない時 の計算手法を設定します.

"extrap"

捕外が定義された手法により実行されます. yp=interp1(x,y,xp,method,"extrap")

実数値

捕外用の実数値を選択できます. この場合, 区間 [x1,xn] の中にない xp(i) について yp(i) は この値とします. yi=interp1(x,y,xp,method, 0)

デフォルトの動作

捕外は(スプライン手法の場合)定義された手法により行われます 線形または最近傍手法の場合は nan となります. yp=interp1(x,y,xp,method)

x=linspace(0,3,20);
y=x^2;
xx=linspace(0,3,100);
yy1=interp1(x,y,xx,'linear');
yy2=interp1(x,y,xx,'spline');
yy3=interp1(x,y,xx,'nearest');
plot(xx,[yy1;yy2;yy3],x,y,'*')
xtitle('interpolation of square function')
legend(['linear','spline','nearest'],a=2)

参照

  • interp — 3次スプライン評価関数
  • interpln — 線形補間
  • splin — 3次スプライン補間

Authors

F.B

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:52 CET 2011