Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Scilab > Configuration > getmemory

getmemory

利用可能なシステムメモリおよびシステムメモリの総量を返す

呼出し手順

[free, total] = getmemory()

説明

getmemory() は利用可能なシステムメモリを取得します (キロ-オクテット).

[free, total] = getmemory()は, 利用可能なシステムメモリおよびシステムメモリの総量を返します (キロ-オクテット).

この関数を信用しすぎないようにしてください. 様々なレベルのキャッシュのせいで, 多くの現代的なオペレーティングシステムにおいて, メモリ解放の検出は難しくなっています.

[a, b] = getmemory()

参照

  • who — 変数の一覧
  • recursionlimit — get or set the current or maximal allowed depth of nested calls
  • host — executes a Windows, Linux, or MacOS command
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 25 08:53:18 CET 2020