Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Graphics > load_save > xload

xload

保存されたグラフィックをロードする

呼び出し手順

xload(file_name,[win_num])

パラメータ

file_name

文字列, ファイル名.

win_num

整数, グラフィックウインドウの番号. 指定されない場合, カレントのグラフィックウインドウが使用されます.

説明

xload はファイル file_name に含まれるグラフィックを グラフィックウインドウ win_numに リロードします.

Scilab 5.0以降, 全ての uimenuまたは uicontrolハンドルも ロードされます.

グラフィックを含むファイルに関して,load 関数はxloadの代わりに使用されます. xload はウインドウ番号, ウインドウの大きさ,ウインドウの次元を回復しません.

t=0:0.01:10;

subplot(211),plot2d(t,sin(t))

subplot(212),plot2d(t,sin(3*t))

xsave(TMPDIR + "/foo.scg", gcf())

clf()

xload(TMPDIR + "/foo.scg")

a=gca();

curve=a.children.children; //handle on the curve

save(TMPDIR + "/foo.scg", "curve")

delete(curve)

load(TMPDIR + "/foo.scg")

参照

  • xsave — ファイルにグラフィックを保存する
  • load — Loads some archived variables, a saved graphic figure, a library of functions
  • save — Saves some chosen variables in a binary data file
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:15 CET 2019