Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Data Structures > lstsize

lstsize

list, tlist, mlist エントリの数 (obsolete)

呼び出し手順

n=lstsize(x)

引数

l

list, tlist または mlist オブジェクト

n

整数, エントリの数

説明

lstsize(x) はlist, list, mlistオブジェクト のエントリの数を返します. この関数は sizeよりも効率的で 全てのリスト型で類似の動作をします. この際,sizemlist オブジェクト用にオーバーロードされます.

lstsize(list(1,'aqsdf'))
x=ssrand(3,2,4);
[ny,nu]=size(x)
lstsize(x)

参照

  • length — オブジェクトの長さ
  • size — オブジェクトの大きさ
  • list — Scilab オブジェクトおよびリスト関数定義
  • tlist — Scilab オブジェクトおよび型付のリスト定義.
  • mlist — Scilab オブジェクト, 型付リスト定義に向いた行列.

履歴

バージョン記述
6.0.1 lstsize() is declared obsolete, to be removed from Scilab 6.1. Please use size() instead.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:16 CET 2019