Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Elementary Functions > Floating point > isnan

isnan

"Not a Number" エントリを調べる

呼び出し手順

r=isnan(x)

引数

x

実数または複素数のベクトルまたは行列 r : 論理値のベクトルまたは行列

説明

isnan(x) は, xの"Not a Number"のエントリに対応するエントリに真, xの通常のエントリに対応するエントリに偽を含む 論理値のベクトルまたは行列を返します.

このパラグラフでは,この関数が存在する理由を記述します. ここで,浮動小数点数xについて考え, この数が非数(Not A Number)かどうかを知りたいを仮定します. 条件(x==%nan)は, x%nanの場合に falseとなります. これは,関数isnanが有用な理由です: この関数により, その値を%nanと実際に比較することなく 浮動小数点数がNaNであるかどうかを調べることができるようになります.

isnan([1 0.01 -%nan %inf-%inf])

以下の例では,%nanが特に変わった 比較特性を有することを確認し,isnan関数の結果と比較します.

%nan == %nan
%nan <> %nan
isnan(%nan)

以下の例では,NaNでない値y を 配列 xから展開します.

x = [1 2 %nan 3 %nan 4]
k = find(~isnan(x))
y = x(k)

参照

  • isinf — tests for infinite elements
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Feb 14 15:02:06 CET 2019